エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典文字列を操作する > RIGHT関数

RIGHT関数


右端から何文字かを取り出す



=RIGHT(文字列[,文字数])
下矢印
文字列の末尾(右端)から指定した数の文字を取り出します。全角文字、半角文字も区別はなく1文字として数えられます。


引数 種類 内容
@文字列 文字列 取り出す文字を含む文字列を指定する。
A文字数(省略可) 数値 取り出す文字数を指定する。省略すると「1」を指定したとみなされる。

One Point
RIGHT関数は、1バイト文字セット(SBCS)を使う言語での使用を、RIGHTB関数は、2バイト文字セット(DBCS)を使う言語での使用を意図したものです。 DBCSをサポートする言語には、日本語、簡体字中国語などがあります。 コンピューター既定の言語の設定に応じて、戻り値は、RIGHT関数では、既定の言語の設定に関係なく、1バイト文字も2バイト文字も、各文字が常に1つとして 数えられます。 RIGHTB関数では、DBCSをサポートする言語の編集を有効にした後でその言語を既定の言語として設定した場合に、各2バイト文字が2つとして数えられます。 それ以外の場合は、各文字は1つとして数えられます。