エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

FIND関数


文字列の位置を調べる



=FIND(検索文字列,対象[,開始位置])
下矢印
指定した文字列が開始位置から何文字目にあるかを調べます。 スペース、句読点、全角文字、半角文字は全て1文字として数えられます。 大文字と小文字は区別されます。 また、ワイルドカードを使用することはできません。 大文字と小文字を区別しないで検索する場合や、ワイルドカード文字を使用する場合は、SEARCH関数を使用します。


引数 種類 内容
@検索文字列 文字列 検索する文字列を指定する
A対象 文字列 検索文字列を含む文字列を指定する
B開始位置(省略可) 数値 検索を開始する位置を指定する。対象の先頭文字から検索を開始するときは「1」を指定する。開始位置を省略すると、「1」を指定したとみなされる。

One Point
[検索文字列]が対象の中で見つからない場合や、[開始位置]に0以下の数値を指定したり、[開始位置]が対象の文字数よりも大きいときは、エラー値 「#VALUE!」が表示されます。