エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

TRIM関数


余分な空白文字を削除する



=TRIM(文字列)
下矢印
文字列に複数のスペースが連続して含まれている場合、単語間のスペースを1つずつ残して、不要なスペースを全て削除します。 文字列の先頭、末尾に含まれているスペースも削除されます。 他のアプリケーションから読み込んだテキストに不要なスペースが含まれているときなどに使用します。


引数 種類 内容
@文字列 文字列 余分なスペースを削除する文字列を指定する。

One Point
TRIM関数は、7ビットのASCII空白文字(値32)を文字列からトリミングするためのものです。 Unicode文字セットには、非区切りスペース(値160)という、別の空白文字もあります。 この文字は、Webページにおいて、 というHTMLエンティティとして一般的に使用されますが、 TRIM関数では、この非区切りスペースを削除することができません。