エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

REPT関数


指定した回数だけ文字列を繰り返す



=REPT(文字列,繰り返し回数)
下矢印
文字列を指定した回数だけ繰り返して表示します。 この関数を使用して、セル幅全体に文字列を表示することができます。 作成される文字列は最大32,767文字です。 最大数を越えるエラー値「#VALUE!」が表示されます。


引数 種類 内容
@文字列 文字列 繰り返す文字列を指定する。
A繰り返し回数 数値 文字を繰り返す回数を正の数で指定する。