エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典文字列を変換する > FIXED関数

FIXED関数


数値に桁区切り記号と小数点を付ける



=FIXED(数値,[,桁数][,桁区切り])
下矢印
数値を指定した桁数で四捨五入し、ピリオド(.)とカンマ(,)を挿入して、文字列に変換します。


引数 種類 内容
@数値 数値 四捨五入して文字列に変換する数値を指定する。
A桁数(省略可) 数値 四捨五入する桁数を以下の通り数値で指定する。

■正の数・・・小数点以下の指定した桁数を四捨五入
■負の数・・・整数部分を四捨五入

桁数を省略すると、「2」を指定したとみなされる。
B桁区切り(省略可) 論理値 計算結果をカンマ(,)で桁区切りするかどうかを、論理値で指定する。

■TRUE・・・桁区切りをしない
■FALSE・・・桁区切りをする

桁区切りを省略すると、「FALSE」を指定したとみなされる。

One Point
桁区切り記号や小数点は、[Excelのオプション]ダイアログボックスの[詳細設定]の「システムの桁区切りを使用する」で設定されている記号が使用されます。