エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

WEEKDAY関数


日付から曜日を取り出す



=WEEKDAY(シリアル値[,種類])
下矢印
引数として入力されたシリアル値から、その日付に対応する「曜日」を求めます。 既定では、戻り値は1(曜日)から7(土曜)までの範囲の整数となります。


引数 種類 内容
@シリアル値 日付 日付を表すシリアル値、または日付を表す文字列をダブルクォーテーション(")で囲んだもの、または日付を表すセル参照を指定する。
A種類(省略可) 数値 結果の種類を次の1〜3の数値で指定する。省略すると、「1」を指定したとみなされる。

■1・・・1(日曜)〜7(土曜)の整数
■2・・・1(月曜)〜7(日曜)の整数
■3・・・0(月曜)〜6(日曜)の整数

One Point
「"曜日」として表示するには、使用例2のようにTEXT関数を使用するほかに、ユーザー定義の表示形式を設定して表示することも可能です。 WEEKDAY関数で求めて、[セルの書式設定]ダイアログボックスで次のように設定します。