エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

WORKDAY.INTL関数


ユーザー設定の週末パラメーターを使用して、オリジナルの非稼動曜日と祭日を除外した期日を求める



=WORKDAY.INTL(開始日,日数[,週末][,祭日])
下矢印
ユーザー設定の週末パラメーターを使用して、開始日から起算して指定した稼働日数だけ前または後の日付のシリアル値を求めます。 週末パラメーターは、週末がどの曜日で、何日間あるかを示します。 週末及び休日として指定した日はすべて稼働日とみなされません。 WORKDAY.INTL関数は、Excel2010で新しく追加された関数です。


引数 種類 内容
@開始日 日付 開始日の日付を、シリアル値または日付文字列で指定する。
A日数 数値 開始日から起算した土日や祝祭日を除く日数を数値で指定する。
B週末(省略可) 数値、文字列 週末にする曜日(稼働日とみなされない日)を指定する。週末には、どの曜日を週末にするかを示す週末番号または文字列を指定する。
C祭日(省略可) 日付 稼動日数から除外するリスト(日付に対応するシリアル値が入力されているセル範囲、配列定数)を指定する。

One Point
WORKDAY関数は、土日を祝日とする関数ですが、WORKDAY.INTL関数は、ユーザーが休日だと設定した曜日を使って計算することが可能です。 たとえば、美容院が火曜日を祝日と設定しているような場合に使用すると便利です。