エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典関数の操作方法 > エラー値

エラー値

Excelでは、数式に誤りがあるとエラー値が表示されます。
表示されるエラー値の一覧より、エラーを回避するためのアドバイスが表示されます。

表示されるエラーのショートカットの[エラーチェックオプション]では、エラーをバックグラウンドで設定する、しない、表示させるエラーの色を設定することができます。
エラー値の種類は次の通りです。

エラー値

種類 説明
#DIV/0! 0で除算した場合のエラー表示
#N/A 引数がない場合のエラー表示
#NAME? 関数名の誤りや定義されていない関数名を指定した場合のエラー表示
#NULL! 参照演算子コロン(:)、カンマ(,)、半角スペースが入っていない場合のエラー表示
#NUM! 数値の指定が誤っていたり、範囲外で結果が得られなかったりする場合のエラー表示
#REF! 参照先のセルがない場合のエラー表示
#VALUE! 引数が誤っている場合のエラー表示