エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典関数の操作方法 > 参照設定

参照設定

数式や関数の引数にセル参照を指定すると、効率よく入力することができます。
参照形式の場合、計算式で固定する位置にドルマーク($)を入力します。
入力方法は、参照するセル番地をキーボードで入力しながら直接$マークを入力する方法と、ファンクションキー[F4]キーにより入力する方法があります。
セルを選択後、[F4]キーを押すことにより、次のように参照が変化します。

参照設定

[F4]キーを押す回数 参照
A1
$A$1(行も列も固定)
A$1(行を固定)
$A1(列を固定)
A1(元に戻る)

参照形式には相対参照、絶対参照、複合参照の3種類があります。

相対参照
数式が入力してあるセルを起点とし、相対参照の数式をコピーするとセル番地が相対的に変化します。
絶対参照
数式が入力してあるセルを起点とし、絶対参照に指定したセルはセル番地を固定することが可能です。
複合参照
相対参照と絶対参照を組み合わせた数式です。行または列のどちらかを固定する場合に使用します。