エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典週間・週番号を求める > NETWORKDAYS.INTL関数

NETWORKDAYS.INTL関数


ユーザー設定の週末パラメーターを使用して、オリジナルの非稼動曜日と祭日を除外した期間内の日数を求める



=NETWORKDAYS.INTL(開始日,終了日,[,週末][,祭日])
下矢印
週末の曜日とその日数を示すパラメーターを使用して、2つの日付の間の稼働日数を求めます。 週末及び休日として指定された日は稼働日とみなされません。 NETWORKDAYS.INTL関数はExcel2010で新しく追加された関数です。


引数 種類 内容
@開始日 日付 開始日を、日付や文字列に対するシリアル値で指定する。
A終了日 日付 終了日を、日付や文字列に対するシリアル値で指定する。
B週末(省略可) 数値、文字列 開始日と終了日の間の稼働日数に含めない、週末の曜日を指定する。 週末は、週末を示す週末番号または文字列で指定する。
C祭日(省略可) 日付 国民の祝日や夏季休暇など、稼働日数の計算から除外する日を表す日付を数値またはセル参照で指定する。

週末番号 週末の曜日
1または省略 土曜日と日曜日
日曜日と月曜日
月曜日と火曜日
火曜日と水曜日
水曜日と木曜日
木曜日と金曜日
金曜日と土曜日
11 日曜日のみ
12 月曜日のみ
13 火曜日のみ
14 水曜日のみ
15 木曜日のみ
16 金曜日のみ
17 土曜日のみ

One Point
引数[週末]に文字列を指定する場合、週末文字列値は長さが7文字の値で、文字列の各文字が月曜日からはじまる曜日を表します。 この文字列に使用できる文字列は1と0のみです。 1は非稼動日を表し、0は稼働日を表します。 1111111と指定すると、常に0が返されます。たとえば、0000011と指定すると土曜日と日曜日が週末になります。