エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

DAY360関数


1年を360日として期間内の日数を求める



=DAY360(開始日,終了日[,方式])
下矢印
1年を360日(30日×12ヶ月)として、2つの日付(支払いの計算などによく使用される[開始日]、[終了日])の間の日数を求めます。 会計、経理システムなどで1年を30日×12ヶ月と仮定している場合の支払いの計算などに使用します。


引数 種類 内容
@開始日 日付 開始日を、日付を表す文字列やシリアル値で指定する。
A終了日 日付 終了日を、日付を表す文字列やシリアル値で指定する。
B方式(省略可) 論理値 計算に米国NASD方式とヨーロッパ方式のどちらを採用するかを、指定する。
■TRUE・・・ヨーロッパ方式(開始日または終了日がある月の30日として計算が行われる)
■FALSE・・・NASD方式(1ヶ月を30日と計算する方式で、1ヶ月が31日ある場合、翌月の1日として計算され、2月28日、29日が2月30日とみなされる)

One Point
シリアル値として求めた日付は、[セルの書式設定]ダイアログボックスで表示形式を変更することができます。 日付の表示形式の主な種類は次のとおりです。

種類 書式 表示例
年(西暦) yy
yyyy
10
2010
元号(和暦) g
gg
ggg
H

平成
年(和暦) e
ee
22
22
m
mm
mmm
mmmm
mmmmm
11
11
Nov
November
N
d
dd
7
07
曜日 ddd
dddd
aaa
aaaa
Tue
Tuesday

火曜日