エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

TRUE関数


常に真(TRUE)であることを表す



=TRUE()
下矢印
常に真であることを表し、論理値「TRUE」が結果として表示されます。 ワークシートや数式の中に直接「TRUE」と入力することと同じ結果になります。 TRUE関数は、他の表計算アプリケーションとの互換性を保つために使用したり、結果を「TRUE」と認識させて計算処理する場合に使用したりします。