エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

VLOOKUP関数


範囲を縦方向に検索する



=VLOOKUP(検索値,範囲,列番号[,検索方法])
下矢印
指定された範囲の1列目で特定の値を縦方向に検索し、範囲内の別の列の同じ行にある値を返します。


引数 種類 内容
@検索値 数値、文字列 検索する値を数値、文字列、セル参照で指定する。
A範囲 セル範囲 参照用のセル範囲(セル範囲の参照、またはList、Databaseのような名前)を指定する。
B列番号 数値 目的のデータが入力されている列の番号を、[範囲]の左側から数えた数で指定する。
C検索方法(省略可) 論理値 検索方法をTRUE、FALSEで指定する。
■FALSE・・・検索値と完全に一致する値だけが表示される。見つからない場合は、エラー値「#N/A」が表示される。
■TRUE・・・検索値が見つからない場合、検索値未満で最も大きな値が表示される。省略すると、TRUEを指定したとみなされる。

One Point
VLOOKUP関数の"V"は、縦方向(vertical)の検索を意味します。 比較する値が検索データの左端列にある場合は、HLOOKUP関数ではなくVLOOKUP関数を使用します。