エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

HLOOKUP関数


範囲を横方向に検索する



=HLOOKUP(検索値,範囲,行番号[,検索方法])
下矢印
指定された範囲の1行目で特定の値を横方向に検索し、範囲内の別の行の同じ列にある値を返します。 範囲となるデータが横方向に入力されているときに使用します。 HLOOKUP関数は、比較する値がデータテーブルの上端行に入力され、その位置から指定された行だけ下にある値を取り出す場合に使用します。


引数 種類 内容
@検索値 数値、文字列 検索する値を数値、文字列、セル参照で指定する。
A範囲 セル範囲 参照用のセル範囲(セル範囲の参照、またはList、Databaseのような名前)を指定する。
B列番号 数値 目的のデータが入力されている行の番号を、[範囲]の1行目から数えた数で指定する。
C検索方法(省略可) 論理値 検索方法をTRUE、FALSEで指定する。
■FALSE・・・検索値と完全に一致する値だけが表示される。見つからない場合は、エラー値「#N/A」が表示される。
■TRUE・・・検索値が見つからない場合、検索値未満で最も大きな値が表示される。省略すると、TRUEを指定したとみなされる。

One Point
比較する値が検索データの左端列にある場合は、VLOOKUP関数を使用します。