エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

INDEX関数


行と列で指定したセルの参照を求める



=INDEX(範囲,行番号,[,列番号][,領域番号]) 【セル範囲形式】

=INDEX(配列,行番号[,列番号]) 【配列形式】

下矢印
この関数には、セル範囲方式と配列方式の2種類の関数の使い方があります。

セル範囲形式
セル半径式では、指定された行と列が交差する位置にある値やセルの参照を求めます。 行番号、列番号に「0」を指定すると、全体のセル参照が求められます。

配列形式
配列形式では、配列の先頭の行または列で指定された値を検索し、一致する値の行、列の1番後の要素を求めます。 行番号、列番号に「0」を指定すると、全体のセル参照が求められます。


引数 種類 内容
@参照 セル、セル範囲 【セル範囲形式】使用
1つ以上のセル、セル範囲の参照を指定する。複数のセルを参照する場合には、カンマ(,)で区切り、カッコで囲む。
A配列 セル範囲 【配列形式】で使用
検索範囲をセル範囲、配列定数で指定する。
B行番号(省略可) 数値 選択した範囲の1番上の行を1とし、そこから移動する行数を数値で指定する。行番号を省略した場合は、列番号を必ず指定する。
C列番号(省略可) 数値 選択した範囲の一番左の列を1とし、そこから移動する列数を数値で指定する。 列番号を省略した場合は、行番号を必ず指定する。
D領域番号(省略可) 数値 【セル範囲形式】で使用
範囲に複数選択された領域を指定した場合、その中の1つの領域を数値で指定する。 省略すると、1であるとみなされる。