エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典セルを参照する > ADDRESS関数

ADDRESS関数


行番号と列番号からセル参照の文字列を求める



=ADDRESS(行番号,列番号[,参照の種類][,参照形式][,シート名])
下矢印
行番号と列番号からワークシートのセル参照を求めます。ROW関数やCOLUMN関数などのほかの関数を使用して、 ADDRESS関数の行番号と列番号を指定できます。


引数 種類 内容
@行番号 数値 セル参照に使用する行番号を指定する。
A列番号 数値 セル参照に使用する列番号を指定する。
B参照の種類(省略可) 数値 1〜4の数値を指定する。省略した場合は、1とみなされる。
■1・・・絶対参照。
■2・・・行は絶対参照、列は相対参照。
■3・・・行は相対参照、列は絶対参照。
■4・・・相対参照。
C参照形式(省略可) 論理値 セル参照をA1形式にするかR1C1形式にするかを論理値で指定する。省略した場合は、TRUEとみなされる。
■TRUE・・・A1形式のセル参照。
■FALSE・・・R1C1形式のセル参照。

One Point
引数[参照形式]で指定する「A1形式」とは、Excelの初期設定の形式で、列にアルファベット文字を指定し、行に数字を指定してセルの位置を表します。 一方、「R1C1形式」は、行を表す記号「R」の後に数字で行番号を指定し、列を表す記号「C」の後に数字で列番号を指定してセルの位置を表します。 形式の切り替え方法については別記。