エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典データを取り出す > GETPIVOTDATA関数

GETPIVOTDATA関数


ピボットテーブルからデータを取り出す



=GETPIVOTDATA(データフィールド,ピボットテーブル,フィールド1,アイテム1[,フィールド2,アイテム2,・・・])
下矢印
ピボットテーブルレポートに格納されているデータを取り出します。 GETPIVOTDATA関数を使用すると、ピボットテーブルレポートに表示されている集計データを取得することができます。 フィールドとアイテムは1〜126組まで指定することができます。


引数 種類 内容
@データフィールド 文字列 取り出すデータを含むデータフィールドの名前を、ダブルクォーテーション("")で囲んで指定する。
Aピボットテーブル セル範囲 ピボットテーブルレポート内のセル、セル範囲、または名前付きのセル範囲への参照を指定する。
Bフィールド1 文字列 参照するフィールド名をダブルクォーテーション("")で囲んで指定する。
Cアイテム1 文字列、数値、日付等 参照するアイテム名を指定する。日付と数値を除くアイテム名はダブルクォーテーション("")で囲む。

One Point
ピボットテーブルレポートに作成済みの集計フィールドや集計アイテム、またはユーザー設定の計算がGETPIVOTDATA関数の計算の対象になります。