エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典一次代表値を求める > AVERAGEA関数

AVERAGEA関数


すべてのデータの平均値を求める



=AVERAGEA(値1[,値2,・・・])
下矢印
数値の平均値を求めます。数値、数値配列、数値を含む範囲を参照する名前かセル参照、数値を表す文字列、TRUEやFALSEなどの論理値が、データの対象となります。 引数に文字列や空白文字列("")が含まれる場合は、「0」として扱います。また論理値のFALSEは「0」、TRUEは「1」と扱います。 ただし、空白セルは計算の対象外となります。


引数 種類 内容
@値 数値、文字列 平均を求めるセル、セル範囲、または数値データを1〜255まで指定する。

One Point
セル参照に計算の一部として論理値や数値を表す文字列を含めない場合は、AVERAGE関数を使用します。