エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

COUNT関数


数値や日付、時刻の個数を求める



=COUNT(値1[,値2・・・])
下矢印
指定した引数の中の数値を含むセルの個数、および引数リストに含まれる数値の個数を取得します。 引数が配列または参照の場合、その中に含まれる数値だけが計算の対象となり、空白セル、論理値、文字列、またはエラー値は計算の対象にはなりません。


引数 種類 内容
@値1 数値 データ型に関係なく、調べる値を項目、セル参照、セル範囲で指定する。引き巣は1〜255個まで指定可能。

One Point
論理値、文字列、またはエラー値の個数を数える場合は、COUNTA関数を使用します。 特定の条件を満たす数値だけを計算の対象とする場合は、COUNTIF関数またはCOUNTIFS関数を使用します。

One Point
セルに入力されている値が、空白か0(ゼロ)なのかは、計算結果に大きく影響します。 Excelで集計表を作成する場合には、入力する値をどうするのかは作成時に考慮しておく必要があります。