エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

COUNTA関数


データの個数を求める



=COUNTA(値1[,値2,・・・])
下矢印
指定した引数の中のすべてのデータを含むセル(空白ではないセル)の個数の合計を求めます。 エラー値や空白文字列("")を含め、すべての種類のデータを含むセルが計算の対象となります。 セル範囲に空白文字列を返す数式が含まれている場合、その値も計算の対象となります。 計算の対象とならないものは、空白セルのみとなります。


引数 種類 内容
@値1 データ型に関係なく、調べる値を項目、セル参照、セル範囲で指定する。引数は1〜255個まで指定可能。

One Point
論理値、文字列、またはエラー値の個数を調べる必要がない場合(つまり、数値を含むセルだけを計算の対象とする場合)は、COUNT関数を使用します。 特定の条件を満たすセルだけを計算の対象とする場合は、COUNTIF関数またはCOUNTIFS関数を使用します。

One Point
規定値では、0(ゼロ)は表示されるように設定されています。しかし、Excelの設定を変更することにより、表示されないように設定することも可能です。 表示していない場合には、計算結果が思っていた結果と違う場合があります。