エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典相関・回帰を求める > INTERCEPT関数

INTERCEPT関数


回帰直線の切片を求める



=INTERCEPT(既知のy,既知のx)
下矢印
2つの既知の値をもとに線形回帰直線の切片を求めます。 切片とは既知のXと既知のYの値を通過する回帰直線がY軸と交わる座標のことです。 この切片は、独立変数が0(ゼロ)である場合の従属変数の値を求めるときに使用します。


引数 種類 内容
@既知のy 数値 従属変数のYに対応する配列またはセル範囲を指定する。
A既知のx 数値 従属変数のXに対応する配列またはセル範囲を指定する。

注目
INTERCEPT関数およびSLOPE関数と、LINEST関数とでは、もとになっているアルゴリズムが異なります。 アルゴリズムの違いにより、データに不確定さや共線性が存在した場合、異なる結果が得られることがあります。