エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

STEYX関数


回帰直線の標準誤差を求める



=STEYX(既知のy,既知のx)
下矢印
2つの既知の値をもとに回帰直線の標準誤差を求めます。 標準誤差とは、個別のXの値に対するYの予測値の誤差の程度を計測するための尺度です。


引数 種類 内容
@既知のy 数値 従属変数のYに対応する配列またはセル範囲を指定する。
A既知のx 数値 従属変数のXに対応する配列またはセル範囲を指定する。