エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

LOGEST関数


指数回帰曲線の定数や底などを求める



=LOGEST(既知のy[,既知のx][,定数][,補正])
下矢印
データに適合する回帰指数曲線を計算し、この曲線を表す係数や底の値を求めます。 複数の範囲の計算を行う場合には、配列数式として入力します。


引数 種類 内容
@既知のy 数値 既知のyの値をセル範囲または配列で指定する。
A既知のx(省略可) 数値 既知のxの値をセル範囲または配列で指定する。 省略すると、既知のyと同じ大きさの配列を指定したこととみなされる。
B定数(省略可) 論理値 定数1にするかどうかを、以下の論理値で指定する。 省略すると、TRUEとみなされる。
■TRUE・・・係数を計算
■FALSE・・・係数が1と指定
C補正(省略可) 論理値 回帰直線の補正項を追加情報として返すかどうかを以下の論理値で指定する。 省略すると、TRUEとみなされる。

■TRUE・・・補正項
■FALSE・・・係数と底のみ