エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典相関・回帰を求める > COVARIANCE.S関数

COVARIANCE.S関数


標本の共分散を求める



=COVARIANCE.S(配列1,配列2)
下矢印
2つのデータセットにある2組の対応するデータ間での標準偏差の積の平均値を計算し、標本の共分散を返します。 COVARIANCE.S関数は、Excel2010から新しく追加された関数です。


引数 種類 内容
@配列1 数値 1つ目のデータを含む配列またはセル範囲を指定する。
A配列2 数値 2つ目のデータを含む配列またはセル範囲を指定する。