エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

PROB関数


下限値から上限値までの確率を求める



=PROB(X範囲,確率範囲,下限[,上限])
下矢印
選択した範囲に含まれる値が指定した間隔(下限と上限との間)に収まる確率を求めます。


引数 種類 内容
@X範囲 数値 確率分布のXにあたる値を、配列またはセル範囲で指定する。
A確率範囲 数値 X範囲に含まれるそれぞれの数値に対応する確率を配列またはセル範囲で指定する。 0より大きく1以下の数値で指定する。
B下限 数値 対象となる数値の下限を数値で指定する。
C上限(省略可) 数値 対象となる数値の上限を数値で指定する。 上限を省略すると、範囲に含まれる値が下限と等しくなる確率が計算される。