エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典二項分布とその応用 > BINOM.DIST関数

BINOM.DIST関数


二項分布の確率や累積確率を求める(2)



=BINOM.DIST(成功数,試行回数,成功率,関数形式)
下矢印
二項分布の確率関数の値を求めます。 あらかじめ確率が出ているものに対し、起こりうる確率を求めます。 あらかじめ確率が出ているとは、「実験した結果が失敗あるいは成功のどちらかである」 「実験が独立している(何かの結果に左右されない)」「実験の結果が一定に得られる」ということです。 BINOM.DIST関数はExcel2010から新しく追加されら関数です。


引数 種類 内容
@成功数 数値 試行回数に含まれる成功の回数を0以上の整数で指定する。 小数点以下は切り捨てられる。
A試行回数 数値 試行する回数を正の数で指定する。 小数点以下は切り捨てられる。
B成功率 数値 試行1回につき、目的どおりの結果が出る確率を0以上1以下の数値で指定する。
C関数形式 論理値 計算に使用する関数の形式を以下の論理値で指定する。

■TRUE・・・累積分布関数
■FALSE・・・確率密度関数

One Point
BINOMDIST関数とBINOM.DIST関数は同じ結果となります。 Excel2010以外は使用せず、旧バージョンとファイルのやり取りを行わない場合には、BINOMDIST関数を使用してください。