エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典二項分布とその応用 > CRITBINOM関数

CRITBINOM関数


累積二項分布の値が基準値以上になる最小値を求める(1)



=CRITBINOM(試行回数,成功率,A)
下矢印
累積二項分布の値が基準値以上になるような最小の値を返します。 この関数は、品質保証計算などに使用します。 例えば、部品の組立ラインで、ロット全体で許容できる欠陥部品数の最大値を決定することができます。 Excel2010から、BINOM.INV関数が新たに作成されました。 そのため、CRITBINOM関数は、Excelの旧バージョンとの互換性維持のために存在します。


引数 種類 内容
@試行回数 数値 ベルヌーイ試行の回数を正の整数で指定する。 小数点以下は切り捨てられる。
A成功率 数値 試行を1回行った場合に目的の結果が起こる確率を0より大きく1未満の数値で指定する。
BA 数値 基準値を0より大きく1未満の数値で指定する。

注目
CRITBINOM関数は、互換性維持のために残されています。 以後のバージョンアップにてCRITBINOM関数をサポートしない場合もあるため注意が必要です。