エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典二項分布とその応用 > POISSON関数

POISSON関数


ポアソン分布の確率や累積確率を求める(1)



=POISSON(エベント数,平均,関数形式)
下矢印
ポアソン確率の値を求めます。 一定の時間内に起きる事象の数を予測するために利用されます。 高速道路の料金所を1分間に通過する自動車の数を予測することができます。 Excel2010から、POISSON.DIST関数が新たに作成されました。そのためPOISSON関数はExcelの旧バージョンとの互換性維持のために存在します。


引数 種類 内容
@エベント数 数値 目的の事象が起こる回数を0以上の整数で指定する。
A平均 数値 一定の時間内に起きる事象の平均値を正の整数で指定する。
B関数形式 論理値 計算に使用する関数の形式を以下の論理値で指定する。

■TRUE・・・累積ポアソン確率
■FALSE・・・ポアソン確率

注目
POISSON関数は、互換性維持のために残されています。 以後のバージョンにてPOISSON関数をサポートしない場合もあるため注意が必要です。

One Point
累積ポアソン確率とは生起するランダムな事象の数が0からイベント数の範囲であるような確率で、 ポアソン確率とは生起する事象の数がイベント数となるような確率です。