エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

NORM.DIST関数


正規分布の確率や累積確率を求める



=NORM.DIST(X,平均,標準偏差,関数形式)
下矢印
指定した平均と標準偏差に対する正規分布関数の値を求めます。 仮説検定を始めとする統計学の幅広い分野に応用できます。 NORM.DIST関数は、Excel2010から新しく追加された関数です。 Excelの旧バージョンとの互換性を維持するためには、NORMDIST関数を使用します。


引数 種類 内容
@X 数値 関数に代入する値を指定する。
A平均 数値 対象となる分布の算術平均(相加平均)を指定する。
B標準偏差 数値 対象となる分布の標準偏差を正の数で指定する。
C関数形式 論理値 計算に使用する関数の形式を以下の論理値で指定する。

■TRUE・・・累積分布関数
■FALSE・・・確率密度関数

One Point
NORMDIST関数とNORM.DIST関数の使い方に変更はありませんので、ここでは新しい関数について記載しています。

One Point
平均=0、標準偏差=1かつ関数形式=TRUEである場合、標準正規分布関数(NORMSDIST関数)の値が計算されます。