エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

NORM.INV関数


累積正規分布の逆関数を求める



=NORM.INV(確率,平均,標準偏差)
下矢印
正規分布の逆関数の値を求めます。 指定した平均と標準偏差で表す正規分布表の累積確率から対応するもとの値を求めます。 NORM.INV関数は、Excel2010から新しく追加された関数です。 Excelの旧バージョンとの互換性を維持するためには、NORMINV関数を使用します。


引数 種類 内容
@確率 数値 正規分布における累積確率を、0以上1以下で指定する。
A平均 数値 対象となる分布の算術平均(相加平均)を指定する。
B標準偏差 数値 対象となる分布の標準偏差を正の数で指定する。

One Point
NORMINV関数とNORM.INV関数の使い方に変更はありませんので、ここでは新しい関数について記載しています。