エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

CONFIDENCE.T関数


t分布を使用して、母集団に対する信頼区間を求める



=CONFIDENCE.T(A,標準偏差,標本数)
下矢印
スチューデントのt分布を使用して、母集団に対する信頼区間を求めるCONFIDENCE.T関数は、Excel2010から、新たに追加された関数です。


引数 種類 内容
@A 数値 信頼度を計算するために使用する有意水準を0より大きく1未満の数で指定する。
A標準偏差 数値 母集団の標準偏差を正の数で指定する。
B標本数 数値 標本数を正の整数で指定する。