エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典検定を行う > CHISQ.DIST.RT関数

CHISQ.DIST.RT関数


カイ2乗分布の片側確率を求める



=CHISQ.DIST.RT(X,自由度)
下矢印
カイ2乗分布の右側確率の値を求めます。 カイ2乗分布はX掛けるX検定と関連しています。 X掛けるX検定は、実測値と期待値を比較するときに使用します。 ある植物の遺伝子実験で、次の世代の花には一定の色の組み合わせが発生するという仮説を立てたとします。 ここで、予測された色と観察の結果を比較することにより、仮説の妥当性を検定することができます。 CHISQ.DIST.RT関数は、Excel2010から新しく追加された関数です。


引数 種類 内容
@X 数値 カイ2乗分布に代入する正の数を指定する。
A自由度 数値 標本に関する自由度を正の整数で指定する。 小数点以下は切り捨てられる。

One Point
CHIDIST関数とCHISQ.DIST.RT関数は同じ結果となります。 Excel2010以外は使用せず、旧バージョンとファイルのやり取りを行わない場合には、CHISQ.DIST.RT関数を使用してください。