エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典検定を行う > CHIINV関数

CHIINV関数


カイ2乗分布の右側確率の逆関数を求める



=CHIINV(確率,自由度)
下矢印
カイ2乗分布の片側確率の逆関数の値を求めます。 確率=CHIDIST(x,・・・・) であるとき、CHIINV(確率,・・・・)=x という関係が成り立ちます。 X掛けるX検定は、実測値と期待値を比較して、仮説の妥当性を検定するために使います。 Excel2010から、CHISQ.INV関数とCHISQ.RT関数が新たに作成されました。 そのため、CHIINV関数は、Excelの旧バージョンとの互換性維持のために存在します。


引数 種類 内容
@確率 数値 X掛けるX分布に伴う片側確率を0以上1以下の数値で指定する。
A自由度 数値 標本に関する自由度を正の整数で指定する。 少数点以下は切り捨てられる。

注目
CHIINV関数は互換性維持のために残されています。 以後のバージョンにてCHIINV関数をサポートしない場合もあるので注意が必要です。

One Point
確率の値が指定されると、CHIDIST(x,自由度)=確率 となるような値xが計算されます。 したがって、CHIINV関数の精度はCHIDIST関数の精度に依存します。 CHIINV関数では、反復計算の手法が利用されます。 100回反復計算を繰り返しても計算結果が収束しない場合、エラー値「#N/A!」が表示されます。