エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典検定を行う > TDIST関数

TDIST関数


t分布の確率を求める



=TDIST(X,自由度,分布の指定)
下矢印
t分布のパーセンテージ(確率)を求めます。 t分布は、左右対称の分布で平均は0となります。 比較的少数の標本からなるデータを対象に仮説検定を行うときに使われます。 この関数は、t分布表の代わりに使用することができます。 Excel2010から、T.DIST関数、T.DIST.2T関数、T.DIST.RT関数が新たに作成されました。 そのため、TDIST関数は、Excelの旧バージョンとの互換性維持のために存在します。


引数 種類 内容
@X 数値 t分布の片側確率または両側確率の値を0以上の整数で指定する。
A自由度 数値 分布の自由度を正の整数で指定する。 小数点以下は切り捨てられる。
B分布の指定 数値 検定方法を以下の数値で指定する。

■1・・・片側分布
■2・・・両側分布

注目
TDIST関数は、互換性維持の為に残されています。 以後のバージョンにてTDIST関数をサポートしない場合もあるので注意が必要です。