エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典検定を行う > T.DIST関数

T.DIST関数


左側のt分布の確率を求める



=T.DIST(X,自由度,関数形式)
下矢印
t分布のパーセンテージ(確率)を求めます。 t分布は、左右対称の分布で平均は0となります。 比較的少数の標本からなるデータを対象に仮説検定を行うときに使われます。 この関数は、t分布表の代わりに使用することができます。 T.DIST関数は、Excel2010から新しく追加された関数です。


引数 種類 内容
@X 数値 t分布の片側確率または両側確率の値を0以上の整数で指定する。
A自由度 数値 分布の自由度を正の整数で指定する。 小数点以下は切り捨てられる。
B関数形式 論理式 計算式に使用する関数の形式を以下の論理式で指定する。

■TRUE・・・累積分布関数
■FALSE・・・確率密度関数