エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典検定を行う > T.DIST.2T関数

T.DIST.2T関数


両側のt分布の確率を求める



=T.DIST.2T(X,自由度)
下矢印
スチューデントの両側t分布の値を求めます。 スチューデントのt分布は、比較的少数の標本からなるデータを対象に仮説検定を行うときに使われます。 この関数は、t分布表の代わりに使用することができます。 T.DIST.2T関数は、Excel2010から新しく追加された関数です。


引数 種類 内容
@X 数値 t分布を計算する数値を指定する。
A自由度 数値 分布の自由度を整数で指定する。 小数点以下は切り捨てられる。

One Point
引数「自由度」に1より小さい数値が入力された場合、エラー値「#NUM!」が表示されます。

One Point
引数「x」に0より小さい数値が入力された場合、エラー値「#NUM!」が表示されます。