エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典検定を行う > F.DIST.RT関数

F.DIST.RT関数


(右側)F分布の確率を求める(2)



=F.DIST.RT(X,自由度,自由度2)
下矢印
2組のデータの(右側)F分布の確率関数のばらつきの値を返します。 F分布の確率関数の値を求めます。 2組のデータを比較して、ばらつきが両者で異なるかどうかをしらべることができます。 テストの成績を男女別に分析して、男子生徒と女子生徒の成績のばらつきが異なるかどうかを確かめます。 F.DIST.RT関数は、Excel2010から新しく追加された関数です。


引数 種類 内容
@X 数値 関数に代入する値を正の数値で指定する。
A自由度1 数値 自由度の分子を正の整数で指定する。 小数点以下は切り捨てられる。
B自由度2 数値 自由度の分母を正の整数で指定する。 小数点以下は切り捨てられる。

One Point
FDIST関数とF.DIST.RT関数は同じ結果となります。 Excel2010以外は使用せず、旧バージョンとファイルのやり取りを行わない場合は、F.DIST.RT関数を使用して下さい。