エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

FV関数


将来価値を求める



=FV(利率,期間,定期支払額[,現在価値][,支払期日])
下矢印
定額の支払いを定期的に行い、利率が一定であると仮定して、投資の将来価値を求めます。 利率と期間を指定するときは、時間的な単位を一致させる必要があります。 すべての引数に関して、定額預金の支払いのような出金は負の数で表し、配当金のような入金は正の数で表します。


引数 種類 内容
@利率 投資の利率を指定する。
A期間 数値 投資期間全体での支払回数の合計を正の数で指定する。 利率と時間的な単位を一致させる必要がある。
B定期支払額 数値 毎回の支払額を数値(通常はマイナス)で指定する。
C現在価値(省略可) 数値 ローンの現在価値(将来行われる一連の支払いを現時点で一括払いした場合の合計金額)、または元金を指定する。 積み立てで頭金のない場合には、「0」を指定する。 定期支払額を省略した場合は、現在価値を必ず指定する。
D支払期日(省略可) 数値 支払いが行われる時期が、各期の期末の場合には「0」、各期の期首の場合には「1」を指定する。 省略すると、「0」を指定したとみなされる。

注目
投資関連の関数では、引数の数値を入力する際に、預金の支払のような出金は負の数で表し、配当金のような入金は正の数で表します。

One Point
Excelで負の数値の書式設定を行うには、[セルの書式設定]ダイアログボックスの[表示形式]の[負の数の表示形式]で設定を行います。