エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典借入金を求める > FVSCHEDULE関数

FVSCHEDULE関数


利率が変動する預金の将来価値を求める



=FVSCHEDULE(元金,利率配列)
下矢印
投資期間内の一連の金利を複利計算することにより、初期投資の元金の将来価値を求めます。


引数 種類 内容
@元金 数値 投資の現在価値を指定する。
A利率配列 数値または空白セル 投資期間内の変動金利を配列として指定する。 空白セルを指定した場合には、金利が0%となる。

注目
利率配列には、数値または空白セルを指定します。 これ以外の値が含まれている場合は、エラー値「#VALUE!」が表示されます。

One Point
FVSCHEDULE関数は、金利が変動または調整されるような投資の将来価値を計算する場合に使用します。