エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典借入金を求める > RATE関数

RATE関数


ローンや積立貯蓄の利率を求める



=RATE(期間,定期支払額,現在価値,将来価値[,支払期日][,推定値])
下矢印
投資の利率を求めます。


引数 種類 内容
@期間 数値 投資期間全体での支払い回数の合計を正の数で指定する。
A定期支払額 数値 毎回の支払額を指定する。
B現在価値 数値 ローンの現在価値(将来行われる一連の支払いを現時点で一括払いした場合の合計金額)、または元金を指定する。
C将来価値 数値 投資の将来価値(最後の支払いを行ったあとに残る現金の収支)を指定する。 省略すると、「0」を指定したとみなされる。
D支払期日(省略可) 数値 支払いが行われる時期が、各期の期末の場合には「0」、各期の期首の場合には「1」を指定する。 省略すると、「0」を指定したとみなされる。
E推定値(省略可) 利率がおよそどれくらいになるかを推定した値を指定する。 省略すると、「10%」を指定したとみなされる。 利率と時間的な単位を一致させる必要がある。

注目
RATE関数の計算には、反復計算の手法が使用されるため、適切な解が見つからないか、複数の解が同時に見つかることになります。 反復計算を20回実行した時点で、計算結果の収束値が0.0000001以下にならない場合は、エラー値「#NUM!」が表示されます。