エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

SUM関数


数値を合計する



=SUM(数値1[,数値2,・・・])
下矢印
セル範囲や数値を指定して合計を求めます。引数は1〜255個まで指定することができます。
SUM関数は、[オートSUM]ボタンをクリックして挿入すると引数が自動的に認識されるため、素早く結果を表示することができます。


引数 種類 内容
数値1 数値 合計を求める数値を指定する

One Point
引数に空白セル、論理値、文字列が含まれている場合は無視され、数値のみが計算の対象となります。