エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

SUMIF関数


条件を指定して数値を合計する



=SUMIF(範囲,検索条件,[合計範囲])
下矢印
指定した条件を満たすセルに対応する数値の合計を求めます。


引数 種類 内容
範囲 セル範囲 検索対象となるセル範囲を指定する。
検索条件 数値、数式、文字列 計算の対象となるセルを定義する条件を数値、数式、文字列で指定する。式や文字列、演算子を指定する場合は条件をダブルクォーテーション(")で囲む。
合計範囲(省略可) 数値 実際の計算対象となるセル範囲を指定する。

One Point
SUMIF関数の検索条件として「<」「>」などの比較演算子を使用する場合、演算子をダブルクォーテーション(")で囲み、 条件が入ったセルと「&(アンパサンド)」でつないで「"<"&F4」と設定します。