エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典四則演算を利用する > AGGREGATE関数

AGGREGATE関数


リストまたはデータベースの集計値を求める



=AGGREGATE(集計方法,オプション,参照1[,参照2,・・・])  【セル範囲形式】

=AGGREGATE(集計方法,オプション,配列,順位)  【配列形式】
下矢印
集計方法を指定して、範囲で指定したリストまたはデータベースの集計値を求めます。
非表示の行やエラー値を無視するオプションを使用して、リストやデータベースにさまざまな集計関数を適用することもできます。
AGGREGATE関数は、Excel2010から新しく追加された関数です。


引数 種類 内容
集計方法 数値 リストの集計に使用する方法を次の集計方法の一覧から1〜19の番号で指定する。
オプション 数値 関数の検証範囲内の無視する値を次のオプションの一覧から0〜7の数値で指定する。
参照1 数値 【セル範囲形式で使用】
集計するリストのセル範囲を指定する。
配列 数値 【配列形式で使用】
集計するリストのセル範囲を指定する。
順位 数値 【配列形式で使用】
配列内のk番目にあたる順位を指定する。集計方法にLARGE関数、SMALL関数、PERCENTILE.INC関数、 QUARTILE.INC関数、PERCENTILE.EXC関数、QUARTILE.EXC関数を使用した場合のみ使用する。

集計番号 関数 意味
AVERAGE 平均値
COUNT 数値の個数
COUNTA 値の個数
MAX 最大値
MIN 最小値
PRODUCT
STDEV.S 不偏標準偏差
STDEV.P 標本標準偏差
SUM 合計
10 VAR.S 不偏分散
11 VAR.P 標本分散
12 MEDIAN 中央値
13 MODE.SNGL 最頻時
14 LARGE 最大からの順位
15 SMALL 最小からの順位
16 PERCENTILE.INC 百分位数
17 QUARTILE.INC 四分位数
18 PERCENTILE.EXC 百文位数
19 QUARTILE.EXC 四分位数

オプション 動作
0または省略 ネストされたSUBTOTAL関数とAGGREGATE関数を無視
非表示の行、ネストされたSUBTOTAL関数とAGGREGATE関数を無視
エラー値、ネストされたSUBTOTAL関数とAGGREGATE関数を無視
非表示の行、エラー値、ネストされたSUBTOTAL関数とAGGREGATE関数を無視
何も無視しない
非表示の行を無視
エラー値を無視
非表示の行とエラー値を無視

One Point
AGGREGATE関数を使用すると、条件付書式の制限に対応できます。 計算範囲内にエラーがあると、データバー、アイコンセット、及びカラースケールに条件付書式を表示できないという制限があります。 これは、計算範囲内にエラーがある場合、MIN、MAX、およびPERCENTILEの各関数が計算されないためです。 また、LARGE、SMALL、およびSTDEVPの各関数も、同じ理由によっていくつかの条件付書式ルールの該当する機能に影響を与えます。 AGGREGATE関数を使用するとエラーが無視されるため、これらの関数を実装することができます。

One Point
[関数の挿入]ダイアログボックスからAGGREGATE関数をクリックすると、[引数の選択]ダイアログボックスが表示され、ここで「配列形式」か 「セル範囲形式」を指定します。