エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOME関数辞典日数計算をする > COUPNCD関数

COUPNCD関数


受取日以降で次回の利払日を求める



=COUPNCD(受渡日,満期日,頻度[,基準])
下矢印
受渡日(債権などの証券の売買代金を決済した日付)以後の次の利払日を数値で求めます。


引数 種類 内容
@受渡日 日付 証券の受渡日(発行日以降に買い手に引き渡される日付)を指定する。 小数点以下は切り捨てられる。
A満期日 日付 証券の満期日(証券の支払期日)を指定する。 小数点以下は切り捨てられる。
B頻度 数値 年間の利息支払回数を1、2、4の数値で指定する。 年1回の場合は頻度=1、年2回の場合は頻度=2、四半期ごとの場合は頻度=4となる。
C基準(省略可) 数値 計算に使用する基準日数を示す数値を0〜4の数値で指定する。

■0・・・30日/360日(NASD方式)
■1・・・実際の日数/実際の日数
■2・・・実際の日数/360日
■3・・・実際の日数/365日
■4・・・30日/360日(ヨーロッパ方式)