エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

エクセルで表を作る

Excelは「表計算ソフト」という分野のアプリケーションソフトです。表計算ソフトには独特の概念があります。実際に表を作成する前に基本的な用語と画面の要素を覚えましょう。

まずは「セル」という概念を覚えましょう。エクセルの画面には格子状に縦と横の線が表示されています。この縦の線と横の線で囲まれた1つのマス目が「セル」です。ここに文字や数値を入力していきます。
縦方向のセルの集合を「列」、横方向を「行」といいます。また、セルの場所は列番号と行番号の組み合わせで表します。

セルの考え方を理解する

1.シートの見方を覚えましょう。 セルの考え方1

2.基本的なツールを覚えましょう。 セルの考え方2