エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOMEエクセル入門・初級Excelの基本操作と値の入力 > データを効率よく入力する

エクセルでデータを効率よく入力する

効率よくデータを入力する方法を解説します。キーボードからの入力した文字列や数値はアクティブセルに格納されるので、目的のセルへ素早く移動する方法が要点です。
セルの値を確定すためにEnterキーを使いますが、Enterキーを押すと1つ下のセルがアクティブになるため、続けて右方向へ入力したい場合には不便です。
そのようなときは、Enterキーの代わりにTabキーを押すとよいでしょう。値の確定後、1つ右のセルがアクティブなります。
同様に、左方向はShiftキー+Tabキー、上方向はShiftキー+Enterキーです。また、方向キー(↑↓→←)やマウスでも確定できます。マウスを使えば、値の確定後、隣接していないセルをアクティブにできます。

Tabキーで確定する

1.まずセルA1に「1」を入力します。そして、Tabキーを押すと。 Tabキーを押す

2.そうすると、セルA1に数値の「1」が入力され、アクティブセルがB1になります。 Tabキーでアクティブセルが右に移動する

3.セルB1に「2」を入力し、Tabキーを押す。 Tabキーでアクティブセルが右に移動する2

4.セルC1に「3」を入力し、Enterキーをを押す。 Enterキーをを押す

5.そして、セルA2にアクティブセルが移動します。 アクティブセルが移動します