エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

集計表を作る

表に入力したデータを分析するときは、「ピボットテーブルレポート」を使います。ここでは、販売先や担当ごとに小計を計算したり、販売の数を一覧表にすることができます。
ピボットテーブルを作るときは、[データ]メニューの[ピボットテーブルとピボットグラフレポート]を実行します。ウィザードが起動するので、対話形式で設定を進めることができます。
リストをどのように集計するかは、ワークシート上で指定します。[ピボットテーブル]ツールバーに「フィールドボタン」が表示されるので、それらを「ここに〜ドラッグします」と表示されている位置へドラッグしてください。
配置場所を間違えたときは、シート上のボタンをドラッグして、正しい位置に配置し直してください。

ピボットテーブルレポートを使う

1.ピボットテーブルレポートを作成します。
ピボットテーブルレポートを作る

2.[データ]メニューから[ピボットテーブルとピボットグラフレポート]をクリックします。
ピボットテーブルとピボットグラフレポートをクリック

3.ウィザードが表示されますので、[OK]をクリックします。
OKをクリック

4.新しい[Sheet]が追加され、「ピボットテーブル」ツールバーが表示されます。
ピボットテーブルツールバーが表示

5.[販売先]を矢印の位置にドラッグします。
販売先をドラッグ

6.点線の赤丸に「販売先」と表示されます。[金額]を矢印の位置にドラッグします。
金額をドラッグ

7.そして、[ピボットテーブル]ツールバーの右上の[×]でテーブルを閉じると、ピボットテーブルレポートが完成します。
ピボットテーブルレポートの完成