エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOMEエクセル入門・初級Excelの活用 > セルにメモを残す

セルにメモを残す

入力のルールが難しい表や、ほかの人に使ってもらう表では、セルに説明文を付けられると便利です。そんなときは「コメント」機能を使います。セルに「何を入力すればよりか」といったメッセージを残すことができます。
コメントを付けるときは、セルのショートカットメニューから[コメントの挿入]を実行します。コメントボックスが表示されるので、メッセージやメモを入力したあと、任意のセルをクリックしてください。
入力中は、コメントボックスの周りに□マークが表示されます。ここをドラッグすれば、コメントボックスの大きさを変えられます。
セルにコメントがある場合、右上隅には赤色の三角形が表示されます。セルをポイントすると、入力したコメントが現れます。

コメントを挿入する

1.この表にメモを付けます。
コメントの挿入

2.コメントを付けたいセルを選択して、右クリックし、[コメントの挿入]をクリックします。
コメントの挿入をクリック

3.コメントボックスが表示されます。
コメントボックスの表示

4.フィルハンドルでサイズの調整をします。
サイズの調整をする

5.サイズが調整されます。
サイズ調整

6.他のセルをクリックしてコメントを確定させます。セルの右隅に赤色の三角形が表示されます。
コメントの確定

7.コメントが挿入されているセルにマウスポインタを持っていくと、コメントが自動的に表示されます。