エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

エクセルで列の幅を変える

ここでは、列の幅を広くする方法を解説します。長い文字列を入力したときにセルに収まりきらないときやセルとセルの間隔を広くして、表の見栄えを整えるときに利用します。
列の表示幅を変えるときは、列番号の右側の境界にマウスポインタを合わせて、左右方向にドラッグします。列幅の変更中はマウスポインタの近くに数値が表示されます。
これは、セルに表示できる半角文字の数を示しています。たとえば、全角で5文字分表示したいときは、列幅が10以上の値になるまで広げてください。
複数の列の幅を一括して変えるときは、目的の列を選択した後、列番号の境界をドラッグします。また、入力済みの文字列の幅に合わせたいときは、列番号の境界をダブルクリックします。

列番号の境界をドラッグする

1.まずは、A列にマウスポインタを合わせます。 マウスを合わせる

2.A列全体の色が変わります。 A列がアクティブになる

3.そのままE列までドラッグします。 E列までドラッグ

4.そして、E列とF列の境目にマウスポインタを合わせ、ドラッグします。 列の境目をドラッグ

5.幅の調整ができるので、任意のところまでドラッグします。 列の幅調整

6.そして、任意のところでクリックを離すと、幅が変わります。 列幅の調整