エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

エクセルで空の列を追加する

ここでは、列の挿入方法を解説します。隣り合う間にデータを追加したい場合や、複数の表の間に余白を作りたい場合などに利用します。列の挿入方法は、基本的に行のときと同じです。
まず、挿入先の列番号をクリックします。列が選択されて色が変わるので、その範囲で右クリックして、ショートカットメニューから[挿入]を選択します。
複数の列を挿入したい場合は、挿入したい列数分、列番号をドラッグします。

列を挿入する

1.ここにエクセルの表があります。 表

2.A列をクリックします。そうすると、A列全体がアクティブになります。 A列全体がアクティブ

3.そのA列で右クリックし、[挿入]をクリックします。 挿入をクリック

4.するとA列に空の列が挿入されます。 空の列の挿入

5.また、2列挿入したいときは、2列分アクティブにします。 2列アクティブ

6.同じく、右クリックし、[挿入]を選びます。 挿入を選ぶ

7.そうすると、2列分の空の列が挿入されます。 2列挿入されます。